オファシムの広告掲載枠

ビジネスハック

記事の質を上げるには?内容を深掘りできるベストなタイミング「4選」

投稿日:2019-01-30 更新日:

こんにちは!Webライターの伊藤です。

今、Googleの検索アルゴリズムでは記事の量よりも質が大切だといわれています。あなたが調べて見つけた記事。情報に信ぴょう性がなかったり読みにくかったりするとなんだかモヤモヤしませんか?満足度が低いので、再度検索したりなどしてとても手間ですよね。

そのため、私がいつも心がけていることは記事のテーマについてたくさん考えること!パソコン・スマホがないところでも何かしら考えていると、思わぬアイディアが浮かびます。

ここでは、

質の良い記事を書くには?

と、お悩み中のあなたへ。記事内容を考えるタイミングについて簡単にご紹介!あなたのライティングが今よりもっと楽しくなれば幸いです。

日常生活内で記事のことを考えると・・・

ネット以外のところで記事のことを考えると、以下のような利点があります。

オリジナルの内容が出てくる

記事の執筆にあたり、公式サイトやライバルサイトのリサーチは重要です。でも、それをそのままマネするのはNG。ライター自身の言葉・文章・考えを「オリジナル」としてプラスさせる必要があります。でも、ほかのサイトを読みながらだと少しむずかしいんですよね。

画面の前から離れたまっさらな状態。この時にもう1度構想を練ると、意外とすっと考えがまとまります。「あのコンテンツも入れよう」「こんな言い回しがいい」など、オリジナルの要素がどんどん出てきますよ。

執筆がスラスラ進む

考えがまとまらないまま執筆をすると、記事の構成を練り直したり文章がなかなか進まなかったり。完成までにとても時間がかかります。

執筆以外の時間を使って考えをまとめておけば、パソコンのキーボードを打つ手もスピードアップ。執筆がスラスラ進むので、作業(仕事)中の時間が効率よく使えますよ。

私が記事について考えるタイミング〜ベスト4〜

私が実際に記事について考えているタイミングをお伝えします。そのほとんどが、ぼーっとしがちな時間。もちろん、目の前のことに集中するときもありますよ。でも、何も考えないのは時間がもったいない!と感じています。

1.髪を乾かしているとき

Hairdryer

私がもっとも良いアイディアを思いつくのは、ドライヤーで髪を乾かしている最中。ボーっというドライヤーの音がまわりの音を遮断してくれるので、不思議と集中して記事のことが考えられます。

おへそあたりまであるロングヘアーなので、髪を乾かす時間は5分くらい。その間、洗面台の前に立ちながらあれこれ考えるのが習慣です。近くにメモを置いておけば、その内容も忘れません。

2.湯船に浸かっているとき

1日の疲れを癒やすお風呂の湯船。リラックスしながら記事のことが考えられます。ただ、思い浮かんだことがすぐにメモできないのが難点。お風呂上がりと同時に忘れちゃったなんてこともたまにあります。

3.家の掃除中

Under cleaning

リビングや寝室のフローリングに掃除機をかけたり、シンクやトイレを磨いたり。そんなときも記事を考える絶好のタイミング。掃除機の音って、ドライヤーの音と似たような遮断効果がありますよね。単純な動きの磨き掃除も、頭の中では違うことを考えやすいタイミングだと思います。

4.車の運転中(移動中)

車社会の福井県、移動はほとんど車です。運転に集中するのはもちろん大切!でも、対向車のいない直線道路や少し眠たいときは記事のことを考える時間。そちらに集中しすぎて、運転がおろそかにならないように注意してくださいね。

思い浮かんだらすぐにメモ!

記事の質を上げられそうな良いアイディア。せっかく思い浮かんだのに、忘れちゃったらもったいない!すぐにメモできるように、準備しておきましょう。

たとえば、

  • 手帳(メモ帳)
  • 付箋(ふせん)
  • カレンダー(卓上カレンダー)
  • 広告チラシの裏
  • スマホのメモアプリ

などが有効です。あなたが1番身近に感じるものを使ってくださいね。ただ、仕事場やカフェなどで執筆する人は持ち運べるかどうかを考えて選ぶこと。広告チラシの裏は、人目につくのはちょっと恥ずかしいかもしれませんね。

私が現在活用しているのは、タスク管理アプリの「Wunderlist」です。Windows10・Mac・Android・iPhone・iPadなど多くのデバイスに対応しており、同期も可能でとても便利!スマホで入力するのでペンも不要。一部有料ですが、無料でも使えるので気軽にダウンロードしてくださいね。

▼ダウンロードはこちら
Wunderlist

時間は有限!充実した使い方を。

パソコンやスマホ以外のところで、少しだけでも構想を練っておくと執筆がとてもラクになります。私はそれが結構やみつき(笑)ぼーっとするような無駄な時間も減りました。

時間の使い方って大事ですよね。「お金は戻ってくるが時間は戻ってこない」なんて言葉も聞いたことがあります。

私がお伝えしたベストなタイミング。記事の内容に限らず、「次のテーマは何にしよう?」「誰に向けた記事にしよう」なんていろんなことが当てはまると思います。

少しずつ、あなたのタイミングで。充実した時間を過ごしてくださいね。

-ビジネスハック
-

Copyright© 株式会社OFASIM(オファシム) , 2019 All Rights Reserved.

MENU