オファシムの広告掲載枠

Webサポート オウンドメディア制作

WordPressのタグには何を入れる?言葉の選び方&設定方法2パターン

投稿日:

wordpress-tag

WordPressの「公開」ボタンをポチっ。テーマにそって調べて感じて工夫しながら仕上げた内容が、世界に発信されるタイミングですよね。私はこの瞬間が結構好きです。

「タグ」や「カテゴリー」は、ほかの記事が探し出せる便利な機能。公開ボタンを押す前に設定しておくと、読者が次の記事へとスムーズに読み進めていってくれます。

カテゴリーは、商品名やサービス名などではっきりと分けられそう。一方、「タグ」はカテゴリーと似たような役割だととらえてしまい、「何を入れればいいの?」と悩むことがあります。

そこで、WordPressのタグの効果や言葉の選び方をまとめてみました。カテゴリーとのちがいをおさえながら、あなたの設定しやすい方法でタグをつけてみてくださいね。

関連記事が見つかりやすい「タグ」

タグとは、設定したキーワードと共通の他記事にアクセスできる機能のこと。1つの記事につき1つ以上設定でき、未設定でも特に問題ないといわれています。

特長は、サイト(ブログ)内の全記事を細かく分類できること。タグとして設定したキーワードの記事が全記事のなかから見つけられます。

tag

記事を分ける機能の1つに「カテゴリー」がありますよね。設定は1記事につき1つが基本。でも、サイトには、カテゴリーで分類した中にも違う内容の記事があったり、カテゴリー外でも共通している内容の記事があったりします。

特に、記事数が多かったりジャンルが広範囲なサイトは、カテゴリーのみでは分類しにくい!そこで、タグをつければ、記事を独立させて横並びで分けていくことが可能なんです。

キーワードの選び方

keyword  

記事の中でよく使われるもの

「いざ、設定するとなると、どんな言葉を選べばいいのか・・・。」

ここが本記事の1番の注目どころです。

基本的に、記事と関連するキーワードであればなんでもOK。記事の内容を表すツールでもあるので、サイト全体で1つだけでも問題ありません。

数は、1記事につき3つまでが理想。多すぎるとキーワードの重要度がわかりづらくなり、SEO対策としても逆効果になるおそれがあります。

私がよく設定するのは、こちら。

  • 記事のテーマ
  • 記事内に多く出てきたキーワード

たとえば、以下のような事例では、「タピオカ専門店」「福井市」というタグをつけます。

サイトジャンル ・全国の飲食店を紹介するサイト
ペルソナ ・福井市にあるタピオカ専門店に行きたい人
記事の内容 ・福井市で飲めるタピオカの味
・福井市でおすすめのタピオカ専門店  など

こうしておけば、

  • タピオカ専門店
  • 福井市

この2種類のタグを使って別の記事が書けますね。たとえば、「全国のおいしいタピオカ専門店紹介」「福井市のおすすめ飲食店紹介」など。うーん、おもしろい。

注意点

タグの言葉はなんでもOKとはいいつつも、カテゴリーとの使い分けは意識!タグをつけた効果がなくなり、貴重な分類スペースがムダになってしまいます。

カテゴリーと重複しない

カテゴリーと同じキーワードはNG。「パソコン」「PC」のように、同じ意味のキーワードも避けましょう。キーワードの重要度が分かりにくく、Googleから評価されにくくなります。

カテゴリーの範囲を超えない

タグをつける範囲は【カテゴリー>タグ】と考えてください。

カテゴリー ・1記事につき1つ必要
・記事タイトルの上に表示される
・記事の階層が作れる
タグ ・なくても問題なし
・記事の下部に表示されることが多い
・記事の階層が作れない

このように、カテゴリーの方が重要そうですよね。カテゴリーの範囲を超えたキーワードをタグに設定すると、重要度に矛盾が生じてしまいSEO効果も得づらくなってしまいます。

たとえば、以下のような設定は避けた方がよいでしょう。

カテゴリー タピオカ専門店
タグ 飲食店
カテゴリー 抹茶味
タグ 和風
カテゴリー ドリンクホルダー
タグ 食べ歩きグッズ

カテゴリーよりも大まかな意味のキーワードを設定したい場合は、思い切って新しいカテゴリーを作成。もしくは、タグについての固有タイトル・オリジナルテキストを入れた「タグページ」を作るとよいでしょう。

タグの設定方法

タグの設定方法は、

  1. 記事の内容から判断して追加する
  2. あらかじめ作っておく

の2パターンです。それぞれの特長をおさえて、あなたのやりやすい方を選んでくださいね。

記事投稿画面から追加する

こちらは、記事の内容に合わせて言葉を選べるのが魅力。投稿画面右側のエリアにある「タグ」にキーワードを入れて「追加」を押すだけです。とてもシンプル!

では、”パソコン”を入れてみましょう。

Tag settings  

投稿画面の右エリアに注目してください。

Tag settings

追加ボタン(もしくはenter)を押して、このように表示されれば完了!削除するときは「×」を押すだけです。

Tag settings

よく使われているタグから選択」を押すと、WordPressによって自動的に選ばれた言葉が表示されます(文字が大きいほど使用回数が多い)。ここから選んでもOK。

ただし、この方法はスラッグ名(URLに適した形式の名前)の編集ができません。表示されるURLが気になる場合は、タグ編集画面から編集する必要があります。

管理画面から作っておく

こちらは、スラッグ名を自由に編集できるのが魅力。また、あらかじめタグをいくつか作っておけば、投稿画面で設定するときに時間が短縮できます。

Tag settings  

まずは【ダッシュボード>投稿>タグ】へ。

Tag settings  

必要な情報を入力し、「新規タグを追加」を押します。

記事へ投稿するときは上記と同様、右エリアのタグから言葉を入力して追加ボタン(もしくはenter)を押すだけです。

サクッとつけてみよう!

今までなんとなくで設定していたタグ。

  • 1記事につき3つまで
  • 記事内でよく使われている単語
  • 記事のテーマ

付け方のポイントをおさえれば、あまり深く考えすぎずにサクッとつけられそうですね。

タグは、設定するだけじゃ意味がありません。特定のタグページを作ったりタグ一覧を記事の頭に表示したりして、フル活用することも可能です。こちらはまた今度・・・。

カテゴリーとも上手に使い分けながら、今よりもっと見やすいサイト(ブログ)を作っていきましょう^^

検索エンジンマーケティングで成功する。

オファシムではWebサイトのコンテンツ制作代行を行なっております。毎日更新する記事コンテンツからホームページやLPのテキスト、ステップメールの文章など様々なテキストコンテンツを弊社が代行して制作します。

  • ホームページを作りたいけど、文章が思いつかない
  • メディアサイトを作りたいけど、記事作成が出来ない
  • コンバージョンさせるためのLPを作りたいけど、構成が思いつかない
  • ステップメールってものがいいらしいけど、内容が分からない

そういったお客様から依頼を受け、テキストコンテンツの制作代行を行なっております。
弊社はクライアントの目的に合わせた記事コンテンツを制作するためのスキームがありますので、しっかりと目的に沿った記事コンテンツ制作が可能。最近ではメディアサイト全般をおまかせ頂くことも増えてきています。

Webの文章作りをしたいけど難しい……、そんな方、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談、お見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

-Webサポート, オウンドメディア制作
-,

Copyright© 株式会社OFASIM(オファシム) , 2019 All Rights Reserved.

MENU